気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

教育

小学校英語は役に立たない

「英語」は教育であっても、「英会話」なんて「習い事」だと思ってる。基本的にやりたいやつだけやればいいのであって、入試にリスニングとかスピーキングなんてものは必要ないんじゃないか。 手間暇コストをかけた小学英語なんて必要なのだろうかなあ。とか…

ゼロ除算

てっきり表示エリアに「EEEEEEEE」なんて表示されるんだと思った。ずいぶんと「人に優しく」なっているんだな。 最近の電卓はEEEEEじゃないんだな。 pic.twitter.com/SGCHYz0ZuI— maeda hiroaki (@torisan3500) 2014, 9月 24

虚数では大小関係や、正負は考えない ― 数学は「屁理屈」に似ているか?

青チャート「基礎からの数学 II」を読んでいる。まあ、趣味だ。平成20年の改訂版第3刷。読みながら、昔、わくわくした話を思い出した。たとえばこんなの。 虚数にも、実数と同じような大小関係があると仮定し、たとえば、i>0とする。この両辺に i を掛けると…

私はコンクリートブロックが大好きです!

訳したTechCrunch記事に、TEDのビデオが掲載されていた。そのTEDプレゼンテーションの中で、女性が冒頭で曰く「おかしな話に聞こえるかもしれませんが、私はコンクリートブロックが大好きです」。 かっこいい。彼女の言葉が気になって、コンクリートブロック…

上野動物園 カモ観察会に行ってきた

上野動物園が行ってくれた「カモ観察会」なるものに行ってきた。 雪の影響が心配された本日の「不忍池カモ観察会」。池が結氷していたことが功を奏し、カモたちは池のまん中に集合、いつもよりよい条件で観察することができました。ポカポカお天気の中、イベ…

算数の問題

小学校4年生用の問題ってのがあった。 小4の問題集にみつけた問題。同じサイズの画用紙を2cmずらして重ねました。黄色のところと緑の所が同じ面積になりました。元の画用紙のサイズを答えなさい。ちょっと楽しい。 #算数 pic.twitter.com/Hr6V1ejNTH— maeda …

かなり「実用的」な、第二次大戦中・子供たちの「訓練」

第二次大戦中、子供たちの「訓練」風景。 この映像、よくみるんだけど、結構「実用的」な訓練をしていたのだなあと思ったり。今回見たのはNHK 10min. ボックスという番組(歴史)。

そんなに誘わないでほしい柊風舎の辞典・図鑑たち

本日の日経新聞読書欄の広告欄には「柊風舎」という出版社の広告が入っていた。 #日経新聞 #読書 欄の #広告。ちょっと面白そうだな。他にも『魔法と錬金術の百科事典』なんてのも出しているそうだ pic.twitter.com/PocKEfN3FP— maeda hiroaki (@torisan3500…

「貿易港」に「空港」が入るのって常識?

たまに無性に「社会」とかを勉強してみたくなる。今日のテーマは「最高貿易額の貿易港」。 ビジュアルでわかる船と海運のはなし 作者: 拓海広志 出版社/メーカー: 成山堂書店 発売日: 2007/11 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 62回 この商品を含むブロ…

拡大する文具のり市場!

「のり」はほとんど使わない。ごくたまに必要なことがあって買ってくる。次に必要になって気づくと、既に買ったのりがカピカピになって使い物にならなくなってる。 でも、世の中(少なくとも中高生の世界)では、のりというのは必需品の様子。 「文具のり」…

女子中学生に聞いた怖い話(お父さんはもうすぐ歳をとらなくなる!)

中学生と、方程式の頻出問題について話す機会があった。女子中学生だ。 中学数学 方程式の文章題がらくらく解ける。 (中学数学らくらく解ける。シリーズ) 作者: 学研教育出版 出版社/メーカー: 学習研究社 発売日: 2010/03/17 メディア: 大型本 購入: 1人 ク…

オバマ大統領も全国民に訴えかける「プログラミング学習」の必要性

教育関連のTechCrunch記事、訳してみました。 “プログラミングは他の科目との連携して学習することもできる。” #教育 #tcjp / “「コーディング教育など無用だ」。そう主張する人に伝えたいこと | TechCrunch Japan” http://t.co/P6J6U00lMC — maeda hiroaki …

良い先生になるための15冊 via BuzzzFeed BOOKS

興味ある分野なのでチェック。オリジナルの記事はこちら。 1. Other people's Children by Lisa Delpit Kindle版が99円。 Other People's Children: Cultural Conflict in the Classroom posted with amazlet at 13.11.15 New Press, The (2006-08-01) Amazo…

教師の生徒に対する嫌がらせ ~ ふと思い出したこと

いつものように辞書を繰りながら考えた。 高校くらいのときって、学校から英和辞書を指示されることが多いかな。通っていた高校では研究社の英和中辞典を指定された。但し「指定」というより「推奨」という感じかな。 思うんだけどさ。高校の頃の自分なんて…

『全国・国私立 中学入試問題集』を買ってみた

小学校6年生になってからお勉強が大好きになった私。近所の塾から入塾も断られるような中学校の学区にいたこともあって、一応国立中学を受験したけどあえなく敗退。中学お受験はそれだけで、まあ真剣に「お受験」しなかったってこと。 それから数 decade を…

お母さんの学歴志向

ちょっと古い記事だけど19日の日経。 2007年の調査から「普通の学力で良い」とか「楽しければ良い」といった選択肢がポイントを10ポイント以上下げているという記事。また、「学歴よりも資格」というのもポイントを下げてる。 そういえば「資格」って、バブ…

英語教育、ヒアリングの前に(TOEFLデータ)

前回、英語で英語を教えるなんていうくだらない方針があるの? という記事を書いた。 それにのぶさんからコメントをいただいた。曰く、英語で英語を教える件はぼくも感心せんなぁ。「日本人は英会話〈が〉ダメ」というほど「英読解」が得意なわけではないと…

英語による英語教育?

本日日経の教育関係面の記事が気になった。 文部科学省の英語教育実施状況調査によると、授業の半分以上を実際に英語で行っている中学校は三校に一校だった。外国語指導助手(ALT)は年に三十五時間(週一時間程度)以下しか呼んでいない学校が七割超で、生徒が…

中学の理科・社会なんてサブ科目に決まってる。

とあるところで議論になった。 中学の理社というのは、ともすれば「サブ」的な扱いがなされることもあるが、それで正しいのかどうか。あるいは中学生が理社の成績を上げたいと考えるならどうすれば良いのか。 ま、ブレスト的議論の中であれば、やや極論気味…

実験は好きでしたか?

今日の日経に「ベネッセサイエンス教室」ってところの広告が入っていました。 「子供の理科離れ」ってのが喧伝されるなか、まあこういう教室があっても良いんでしょうね。小学生は月一だとのことで、まあ「習い事」の範疇としてとらえるなら、それなりに面白…

記事の大きさに驚いたZ会+市進

Z会は高校時代にお世話になった。高校三年間予備校に行かせてもらって、さらにZ会も受講させてもらって、また、本の購入費用はいつも出してくれた。今にして思えば、よくも平気で親頼み。 それはともかく、懐かしく思い出すのはZ会の『月下読迹(ゲッカド…

学習指導要領は「お節介」なのか。

昨日の日経新聞社説に「お節介すぎる学習指導要領」というのがあった。こういう話を聞くたびに思うのが、小学校を3つ変わった我が身のこと。 一度目の転校は大分から大阪で、地理的な距離がすごく大きな転校だった。二度目の転校は大阪→大阪で、距離的には…

シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ

昔、木口小平の話の載った教科書を見せて貰ったことがある。 キグチコヘイハ テキノ タマニ アタリマシタガ、 シンデモ ラッパヲ クチカラ ハナシマセンデシタ 確か挿絵も付いていたように記憶する。 「そうか、Google ってみれば良いのか」と探してみたけど…

数学する遺伝子

理系だ文系だと言っても、行き着くところは論理であり同根であるというような記事を以前書きました。 本日の日経にあった書評も同じことを扱っています。タイトルは「数学の能力は言語能力と同じ」。 扱っている本は『数学する遺伝子』で、数学の啓蒙的著作…

高校教師が興味を持つ教育再生会議テーマ。

先の記事で引いた日経の記事。 高校の進路指導教諭に対する「教育再生会議について」のアンケートを行っています。教師の76%が「期待してない」と回答したのはまあ良いとして^^。 そこで「関心のあるテーマ」って質問があったようです。 教員免許更新制 45…

考える力は暗記の後で伸びてくる

本日の日経新聞朝刊。教育再生問題に関する杉田久信氏のレポートが掲載されていました。リードに曰く「教育基礎学力の徹底こそが教育再生の核心だと指摘する」。 昨今、どうもあらゆる局面で「自由と創造」が言われすぎている感じ。本や文書の読み方でもそう…

給食、私の場合。

なんか給食費未納問題が話題になっているとか。ちょっと古い2004年5月時点の統計では平均 3,900円/月(小学校)や 4,500円/月(中学校)。 未納問題はおいといて。私の場合、給食は即ち拷問でした^^。 好き嫌いが多いのもあるんだけど、調理なんかにも…

少子化対策よりやっぱり教育問題。

う~ん。 「柳沢辞任論、自民は沈静化の動き 民主は誤算?」はイザ!の記事。 ってかさ。最初から「言葉尻の煽り」だしなあ。「不適切な喩えで煽らせてしまった国語能力的な責任」で辞任を問題にするなら、ある面仕方ないかなと思ってた。でもそうすると「国…

福沢諭吉に影響されてファインマンを読んでみる?

このところ、青空文庫に福沢諭吉が二本登場しましたね。 いずれも超短編ですから気楽に読むことができます。『物理学の要用』ではそもそもこの物理学の敵にして、その発達を妨ぐるものは、人民の惑溺(わくでき)にして、たとえば陰陽五行論(いんようごぎょ…

「小1問題」

今日の日経新聞夕刊の「夕&Eye」ってコーナー。「教室で騒ぐ『小1問題』を防げ」。 が~ん。この前「中2病」ってのは Wikipedia で読んで理解したつもりだけど、今度は「小1問題」ですか^^。 まあ日経の見出しから、新入生が学校で騒いだりする問題だ…