読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

権利の乱用は、権利を狭める。

YouTube ネタ。あちこちで取り上げられているネタですが、MYCOMニュースの記事が詳細でしょうか。

まず思うこと。

テレビなど既存メディアには、アーカイブを閲覧できる仕組みを作って欲しい。それは既存メディア側にとってもビジネス機会の拡大になるはず。

インターネットの普及以来、メディアは順次「戦い」に巻き込まれてきた。著作権を有する「権利者」の権利が侵害されてしまう戦い。もちろん著作権は守られるべき。但しネット側からの戦いは、権利を侵しつつも「あったらいいな」の機能を実装してきたものだということも注目すべきと思う。

一方的に言うならば「既存メディア側が権利にあぐらをかいてサービス提供に知恵を出さなかったから戦いを仕掛けられた」とも言える。一部のメディアが「ネットなんて」と嫌悪しているうちに、ネット上のサービスを取り込まなくてはならなくなった。最初から嫌悪せず、積極的にビジネス確立を目指していたなら、おそらく全く違う展開になったはず。

もちろんそうは言っても、「やったもんがち」風に著作権者の権利を踏みにじる今のあり方はおかしい。YouTube 側に仕組みがないからアップロードするのは「権利だ」などと主張して、他人の確立した権利を侵害する行為は認められない。

うちのサイトも YouTube へのリンクをしているけれど、違法な動画があることには正直不快の念を感じる。ネットが普及して、便利なサービスを享受できるようになってきた。そこを無法地帯としてしまえばいたずらに「管理」強化を招くことにもなりかねない。

違法動画を投稿しようとする人も、もっと「将来」のことを考えて欲しいと感じている。