読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

一之輔、真打昇進披露公演 大千秋楽

送信者 落語

5月中席、国立演芸場3度目。一之輔の披露公演もいよいよこれで終わりって日。一度くらいは小三治を観ることになるかと思ったけど、3度とも市馬、木久翁のコンビだった。

送信者 落語

  • 春風亭朝呂久 「やかん」
  • 三遊亭金兵衛 「反対俥」
  • 五明楼玉の輔 「宗論」
  • 春風亭勢朝 「噺家親子」
  • 柳亭市馬高砂屋
  • 林家木久扇 「明るい選挙」
  • 春風亭一朝 「蛙茶番」
  • 春風亭一之輔 「粗忽の釘

休憩時間に「朝呂久、朝呂久」とずっと話し続けているおばさんがいた。結構人気の噺家なんだろうか。久しぶりに聞いた「やかん」は面白かった。「噺家親子」ってのは「都々逸親子」の派生版なのかな。

一之輔は最終日ということで(?)子連れ。一番上の子(?)は一之輔そっくりだった。そういえば一之輔は童顔なんだな。「粗忽の釘」を演じる途中に一之輔の子供が泣き出すハプニングあり。「聞き覚えのある声で子供が泣いてるね」などと拾っていた。

落語協会でのショックも、やや薄れてくる楽しい3日間だった。

# 同一クールに3日通うのはたぶん2回目。4日通ったことも一度あって、今はそれが記録になっているはず(菊志んトリ席)。