読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

トートバックも販売されている「ミツクリエナガチョウチンアンコウ」の雄は、生殖時に身体ごと雌の身体に同化する

動物 科学

日経新聞のコラムに、次の記述があった。

気になったのでWikipediaで見てみた。 

魚類の中で最も長い和名を持つ。名前は東京大学三崎臨海実験所の初代所長であった箕作佳吉教授に捧げられたものである。

なるほど。「因む」のではなく「捧げられた」あたりが気になるが、まあなんか理由があったんだろう。

Tシャツとかトートバッグまである存在であるようだ。

Wikipediaを読み進めるうちに怖くなった。

雄は生殖のため雌の体に噛み付いて寄生し、皮膚や血管を癒着させ雌から栄養分の供給を受ける。寄生した雄は目や腸などが次第に退化し、雌の体に同化する。

ほんまもんのパラサイトなんだな。 

Lサイズ ミツクリエナガチョウチンアンコウ 深海魚Tシャツ
不思議博物館
売り上げランキング: 219,247

 確か、こういう生物は他にもあったように思うが、勉強不足で何一つ例を思い出せない。