読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

『鴨川ホルモー』シリーズは面白かった。

著者の「万城目」が「百目鬼」に似ていて(よく見ると似てないけれど)、「百目鬼」は筒井康隆ファンにとって面白くない名前だというねじくれた理由で読むことを拒否してた(馬鹿だな)。

鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (角川文庫)

 

よくある地域+学生+(プチ)異世界ものかと腰の引ける始まりだけれど、読み進めるとすっかり引き込まれる。

読みながらつけたメモは次の通り。

続編(補遺)も面白かった。

ホルモー六景 (角川文庫)

ホルモー六景 (角川文庫)

 

ちなみにこの著者を読もうと思い立ったのは『プリンセス・トヨトミ』の映画予告をDVDで見てから。なのでこの著者で最初に読んだのは『プリンセス・トヨトミ』。こちらも面白かったけれど、「ホルモー」の「自由さ」の方が、一層楽しく感じられた。

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

プリンセス・トヨトミ (文春文庫)

 

映画も見た。『プリンセス・トヨトミ』の本質をとらえた映画で、「うまくできてる」という印象を持った。ただこういう世界観はやはり活字のものなのかなとも感じる。