読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

電子書籍はプラットフォームによって倍も値段が変わったりする。

ずっとKindle一辺倒だったんだけど、Kindleにないものが他にあるケースも多く、最近はいろいろな電子書籍を利用している。

そんな中、プラットフォームによってすごく価格が違うこともあるのにとまどったりもする。

たとえば『陽気なギャングが地球を回す』。これ、Kindle版なら275円だ。一方KinoppyないしReader版は594円。倍以上違うんだな。

ぼくの世代にとって、おそらく本の値段は「どこでも一緒」なのが普通。そのうちに、本の価格を調べないというのは「おやじ属性」として認識されるようになるのかもしれない。

同著者の『マリアビートル』(傑作だと思う)もずいぶん価格差がある。Kindle版は592円、Kinoppy / Reader版は799円だ。

まあ、その分、ReaderやKinoppyではポイント還元キャンペーンなどを頻繁に行っている。どちらが得なのかは、タイミングによって変わることもあるのだろう。