読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

テメーラが勝手に来てんだから文句言うな、という態度の黒門亭

GW最終日。黒門亭落語協会)に好きな噺家が出るということでいってみた。本当の目当ては二部(15時から)。でも一部からの「通し券」ってのもあるから、そっちの方が好きなところに座れる可能性が高いのでいってみた。

一部は12時から。ぼくらは10時半について、さすがにはやすぎるだろってんで噺家や事務の人に差し入れでもと思って松坂屋の地下を徘徊。これがいけなかったなあ^^。

ちなみにこんなパンも売ってた。

送信者 お菓子やらパンやら

差し入れを買って黒門亭に行ってみると長蛇の列。おやあ、まいったなあと並んでみる。なんか整理券みたいなのを持ってる人もいる。だけどとくに説明する人もいないからそのまま列に並んでみた(黒門亭の整理券ってのは初めてみた)。

結局。やっぱり整理券がないと入れないってことだった。まあそれはしょうがない。でもぼくらのように並んじゃった人が結構いた。もう入れないんだったら係員が表に出て説明すべきなんじゃないのかな。

「たくさん並んだ人もいるんだから表で説明くらいすればいいじゃない?」。尋ねてみた。相手の「番頭」を名乗る人曰く「しょーがないですよ」。

驚いた。第一声が「しょーがないですよ」。続けて「そんなこと言うのヤメマショーヨ」とか。友だちに口きいてんじゃないんだけどね。誰に話をしてるつもりだったんだろう。

「説明すれば無駄に並ぶ必要もなかったじゃない」と言えば、「ああ、スミマセンデシタスミマセンデシタ。イゴキヲツケマス」。そして締めの言葉は「コレデヨロシーデスカ」。

どんだけ客を馬鹿にしてるんだろうな。久しぶりに心から驚いた。まあちょっと良い経験ができた。

ところで買っていった差し入れはこちら。「事務のひと用に」と思ってた分を持って帰ってきて食った。うまかった(笑)。

後日更新: 相手が落語協会の人じゃなくて噺家だということがわかった。汚名をきせてすみません>落語協会

で、「相手が噺家なら避ければ良いわけだからまあ良かったな」と思っていたところ、当日のことについてブログ記事を見つけた。事実歪曲は保身のためだからまだアリだとしても、客に対するヒドイ言いようが怒りを通り越して笑えてしまう。ぜひ御覧くださいませな(^^)。

送信者 お菓子やらパンやら