読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になったこと日記 on はてな

突然ですがこちらに移転しました。

クリスマスあたりにいった落語会 #2

落語

クリスマスイブに落語にでかけるようなことは絶対すまいと思ってた。落語を見るようになった、今年2月くらいの「心の誓い」だ。

他には「日常会話に落語風な話を盛り込まない」とか、「お囃子を聞いただけでどの噺家が上がるのかわかるようになったりしない」なんて目標があった。連れとの間の「公約」でもあった。ただ、そういうのは破っても良いものなので、結局達成された目標はひとつもない。

送信者 落語

おまけにこの日は「年末に芝浜を聞く会」の志ん輔版。ちなみに一之輔もでる。「混まないわけがない」わけで、ぼくらは開場の何時間も前に鈴本演芸場に出かけていった。

  • 林家扇 「真田小僧
  • 春風亭一之輔 「あくび指南」
  • 柳亭左龍 「羽織の遊び」
  • 柳亭燕路 「出来心」
  • 桃月庵白酒 「宗論」(ちゃんちゃかちゃん)
  • 五明楼玉の輔 「ざいぜんごろう」
  • 古今亭志ん輔 「芝浜」

結局開場は立ち見も出る超満員。クリスマスイブの落語会でも混むものなのだなあ。

志ん輔の「芝浜」は、古今亭らしく海のシーンをオミットした版。「笑い」の方に力をいれるスタイルながら、それでも涙腺に響いてしまう。

一之輔の「あくび指南」も、もちろん良い。この噺であれほど受けるシーンというのは、そんなにみないな。一之輔の場合、妙なクスグリを入れてその場限りの笑いを追求するということがないのが良い。それでいながら大いに受けるリズムを作ってる。何人も抜いて真打になったのは無理も無いところ。

「宗論」は、クリスマスということでかなりおふざけ版に仕立て直していた。ただこの日だけの噺だからということか、完成度はあまり高くなくて、それであればオリジナルでやってもらった方が面白かったと思ったり。

いやあ、しかい。クリスマスイブに落語に行くとはなあ(苦笑)。まあ連れも一緒に行っているのでとくに問題はないのかもしれないけどね。